髪の感触を良くし 薬剤を使った時のダメージを極力少なくするために・・・
店内の全ての水道に、軟水を使用しています

軟水のよさ, ご存知ですか・・?
店内の全ての水道に、軟水を使用しています

水道水の中に含まれる カルシウムやマグネシウムなどの金属成分が
パーマやカラー剤と 結合してできた物質が ,ダメージの元となり
髪のごわつきや パサツキの原因になます
通常のシャンプーをするだけでも この金属成分やカルシウムが付着しなければ
髪のくし通りも滑らかになります
パーマの時には洗髪してきたとお客様がおっしゃっても
かるいシャンプーをさせていただきます
これは パーマの薬剤と一緒に 毛髪内部へ入ってしまう 水道水に含まれる
髪の毛にとっての マイナス因子を とりのぞくためです
これを取り除くだけでパーマの仕上がり感が 格段なめらかになります


                      きしみをなくしコシをつくり、サラッとしているのに潤いがあり艶が出ます

・カットの時に髪を湿らせる水にこのπウォーターを使います
・パーマの薬剤の間に使います
・カラーの薬液塗布の前処理としても使います
・ブローの前に使う時もあります
・育毛トリートメントの時循環器に暖めながら使用します(詳しくは育毛トリートメントへ)

πウォーターは 細胞レベルから 生体機能活動を安定させる 生体水に働きかけ
毛髪や肌の 自然回帰力を 高める水であり 
ここで言うπウォーターとは 簡単にいえば 髪に有効的なミネラルを多量に
含んでいる水というわけです


肌と髪を守り健康に保つ

・カラーやパーマの際、薬剤の浸透補助や水分補給しダメージをおさえます
・ブローローションとして使うとサラリとした仕上がりになります
・化粧直しや 化粧の上からの保湿にも使います

H2O以外の不純物を含まない、水そのもので
もともと OA機器を洗浄する為に科学的に、作られた科学的な水ですが 
美容にも効果が高いということで、商品化されたものです
お肌や髪に付着する、微細な汚れを包み込み 肌と髪を守り健康に保ちます
浸透性も高く薬剤の浸透補助や保湿にすぐれています

花粉症の方の目のかゆい時の 目の洗浄に使うと 目の中に入ってしまった
花粉が きれいに包み流され かゆみが止まると同時に 肌にふりかかった部分には
不思議と肌のかゆみも治まります


肌荒れを穏やかに改善する

・酸性ヘアカラーの毛髪の後処理
・カラー時の 皮膚への付着したカラー剤を ふき取るのに刺激がなく よくとれます
・薬剤操作で 酸性に早く傾けたいとき

特殊なトリガーで、酸性水を作っています
肌荒れの時にアルカリに傾いて荒れた肌を もともとの弱酸性に
引き上げることにより 肌荒れを穏やかに改善します



       水とはちがうところではヒアルロン酸やアミノ酸の使用でパーマやカラーの後の
       髪のさわり心地は格段よくなりました

   鶴川はもとより町田・新百合ヶ丘でも これだけのシステムを導入している店はありません 
      どうぞ お試し下さい